日常生活が変わる

職場を変えるということは、通勤時間や通勤経路、勤務時間が変わります。職場環境は都市部と地方でも大きく異なり、どちらに魅力を感じるかは人によって違ってくるでしょう。自分の希望している勤務地に転職することができれば、通勤時間が短くなるなど大きなメリットと言えます。

一方で、これまでよりも勤務時間が長くなってしまうこともあるでしょう。これまで長い間同じだった一日のタイムスケジュールが変わることは、思っているよりもストレスが大きいものです。しかし、職場が変わればタイムスケジュールが変わることは当たり前のことです。以前とは違うことを受け入れ、時間が解決してくれるのを待ちましょう。

給料が変わる

転職によって給料が上がる場合には、転職をする大きなメリットであると言えます。一方で、転職をすることで給料が下がってしまうこともあります。 

「転職をすることで給料が上がる」と考えている人は多いと思いますが、転職により給料が下がってしまうケースもあることを理解しておかなくてはいけません。転職時の自分の年齢や経験などによって、給料は上がることもあれば下がることもあります。 

転職活動においては、面接時などに給料額を確認しておくことが大切になります。事前に確認しておくことで、安心して転職ができるでしょう。

仕事内容が変わる

転職のメリットとして、仕事内容が変わるということがあります。「前職では仕事内容が自分に合わなかった」という人は、仕事内容が変わることで自分に合っている企業に就職することができる場合もあるでしょう。

 一方で、転職で変化した役割が初めての場合の人も多く、入社前に想像していたものと大きく違ってしまうことはよくあることです。転職をすれば、役職が変わったり立場が変わったりと、前職での立場と変化します。事前にしっかりと確認をしていても、数回の面接では会社の雰囲気や仕事内容、役割を的確に伝えることは難しいのです。「こんなに大変だとは思わなかった」などといった解釈の違いも大きいでしょう。

特に、この知財業界においては、これまで企業で働かれていた方が特許事務所へ転職をされた場合、仕事内容や雰囲気は大きく異なることがあります。慣れるまでには少し時間を要するかもしれません。多くの方がその違いを事前に認識されたうえで転職をされているのも現状ですが、仕事内容の変化、就業環境の変化に伴って、「変化を楽しむ」という気持ちも大事でしょう。

人間関係が変わる

退職を希望する人の退職理由で常に上位に上がるものが人間関係です。人間関係が理由での退職は思い留まった方がよいと言われることが多いですが、働く上で人間関係は非常に大きなものです。そういった悩みを解消できることは、転職の大きなメリットと言えます。 

しかし、転職では人間関係がリセットされるため、これまでに積み上げてきた実績や評価、信用などもなくなってしまいます。中途採用は即戦力が期待されているということもあり、「入社後すぐに結果を出さなくてはいけない」と感じてしまう方が多いと思います。

ところが、人間関係がリセットされてしまっているためなかなか思うように結果が出ないことが多いのです。これは当たり前のことなので、「焦らず、早く仕事を覚えて職場に馴染むことから始める」という気持ちが大切です。

まとめ

転職をするとさまざまな変化が起こります。その変化に慣れるまでの間は、前職と比べてしまい「やっぱり前の方がよかった」なんて思ってしまうこともあるでしょう。しかし、後悔しても前の職場に戻ることはできません。 

転職はメリットもあればデメリットもあります。メリットだけに目を向けず、デメリットも覚悟して転職を行わなくてはいけません。


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。

無料転職サポートに登録する