転職活動を行う際には、自分にとって譲れない条件を明確にすることが大切です。企業に求める条件、条件の優先度がうやむやなまま働き始めてしまうと、働き始めてから不満が出てきてしまうことがあるからです。

なぜ譲れない条件を決めるのか

転職活動をしている際に「求人が多くて絞ることができない」、「自分に合っている求人が見つからない」ということはよくあることです。これは、希望条件や希望条件の優先順位を決めていない場合におこることが多いのです。 「これだけは譲ることができない」といった条件を決めることで、「自分が企業に求めていることは何か」ということが明確になり、それは転職活動を行う上での基礎になります。譲れない条件を明確にしておくことで、転職活動を行う際の目的を定めることができるのです。

 優先順位を見つける

転職活動を始める前に、希望条件の中で優先順位を決めましょう。優先順位を明確にするためには、企業に求める条件を紙に書き出してみるのがおすすめです。

例えば、「残業が少ない」、「転勤がない」、「スキルを身に付けたい」、「年齢に関係なく出世することができる」等、まずは思いつくまま書いてみましょう。そして、書き出した中で優先順位の高い物からランキングをつけます。ランキングをつけた中で「1~3位は絶対に譲ることができない」、「7~10位は無くてもよい」というようなラインを作りましょう。

転職は慎重に判断する

失業している時や、仕事探しをしている期間が長くなってしまっている時は、自分の求めている条件とはかけ離れた条件であっても飲んでしまう方が少なくありません。しかし、このような場合には、就職後のリスクが伴うことを覚悟しなくてはなりません。 

もし、また転職をすることになってしまえば、あなたの評価が下がってしまうことになります。企業は短期間で何度も職を変える人をマイナス評価します。内定が貰えたからといって簡単な気持ちで受けるのではなく、家族との関係や将来的なキャリアを考え、慎重に判断することが大切です。

より良い転職に

企業にもよいところばかりではなく欠点があります。他によいところがたくさんあっても、欠点が優先順位の高いものとかぶってしまうと、就職後のダメージが大きくなってしまいます。働き始めてから不満が膨らんでしまっては、転職が失敗だったと感じてしまうかもしれません。

転職活動を始める前に自分の譲れない条件を把握し、よい転職にしましょう。

 

 


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。