このサイトをご覧になっている方の多くは、既に知財業界で活躍されている方々かと思いますので、弁理士として経験豊富な方もいらっしゃるかと思います。その様な方々には初心に帰って頂くつもりで、また、今後知財業界への転職を希望されている方、現在弁理士資格を目指して勉強に励んでいる方には、ぜひこの弁理士業の醍醐味についてご一読頂けましたら幸いです。

 

弁理士と他の仕業との違い

士業には、弁理士の他に、弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、社会保険労務士などがあります。これらのうち、弁護士以外は、会計処理など事業活動を行う上で必要不可欠な作業を代理することがほとんどです。そして、弁護士は、社会生活を行う中で問題が生じた場合に、その解決を求められることが多いでしょう。 

弁理士業には、そのような他の士業とは異なる醍醐味があります。

 

弁理士業の醍醐味1:前向きになっている相談者が多い。

弁理士は、「画期的な発明をしたので、これで大もうけしたい」とか、「面白いネーミングを行ったので、これを商標として付けた商品を大々的に展開したい」など、“ハッピーな人”と向き合って仕事をすることが多いです。

弁理士以外の仕業にもそれぞれの使命とやりがいがあるかと思いますが、弁護士は基本的に“悩んでいる方”と向き合うこととなり、その他の士業が“経理や労務など、日常業務に付随することを面倒に感じている方”のサポートを行うのと対照的かと思われます。

弁理士から権利化が難しいことを聞かされ、一気に落胆する相談者もいますが、一般的には、相談者とは笑顔で対話できますので、弁理士としても幸せな気持ちになれます。

 

弁理士業の醍醐味2:発明の内容を真っ先に知ることができる

発明を特許発明にするためには、まず「新規性」が必要です。発明を守秘義務の無い社外の人に教えてしまった場合、「新規性」が無くなってしまい、原則として、特許を受けられません。

 弁理士には高い守秘義務があり、当然ですが、発明者が発明の内容を弁理士に説明しても「新規性」は失われません。 

つまり、弁理士は、発明の内容を誰よりも先に知ることができる存在なのです。これが、弁理士業の大きな醍醐味の一つと言えるでしょう。

 

弁理士業の醍醐味3:国際的な仕事ができる

日本国内の出願件数は減少傾向にある一方、外国への出願は増加しています。外国で商品を製造・販売する企業が増えていますので、日本で特許を取得するだけでは外国での他人の製造・販売を阻止できないからです。 

そのため、日本の出願人から外国出願の依頼を受けることが多くなっています。原則として、外国出願は、その国に事務所がある弁護士や弁理士に依頼して手続を行ってもらう必要がありますので、外国代理人と連絡を取り合うことが頻繁にあります。 

このような事情により、弁理士は、外国の提携事務所を訪問したり、知的財産に関する国際的な会議に参加したりすることができます。

特に商標案件は、特許案件と比べて対応する国の数が非常に多くなりますので、その国の国民性などを知ることもでき、非常に興味深いです。

 

まとめ

いかがでしょうか。弁理士業には、他の士業にはない醍醐味があります。 

弁理士は、依頼人や提携する外国の代理人と積極的に関わっていくことが重要な職業です。

 ほとんどの方が、弁理士を高度な専門家と見てくれますので、勉強を怠らず、かつ、笑顔で人と積極的に関わることができれば、弁理士業の醍醐味をずっと味わい続けることができるでしょう。

 

 

 


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。

無料転職サポートに登録する