転職活動をする中で、希望の企業への転職を成功させるために重要な要素の一つとして、面接を成功させるというものがあります。 

面接で企業の人事担当者や面接官に好印象を持ってもらうことは、希望企業の内定を得るための重要な指標の一つです。しかし、実際の面接では、自分が想定していなかったような手厳しい質問を受けてしまうことももちろんあります。 

そんなとき、どのように対処すればよいのでしょうか。今回はそんな面接で厳しい質問を受けたときの対処法をご紹介したいと思います。

面接の準備編

転職活動における面接を成功させられるかどうかは、ほとんどその準備にかかっていると言っても過言ではありません。そのため、どんな質問がきても対処ができるよう、準備をしておくことが大切です。

① 質問されるであろう事項を列挙し、想定問答集を作成しておく 

まず、その企業の担当者から質問されるであろう事項を列挙し、それに対する答えを用意しておくようにしましょう。

特に、職務履歴に空白があったり、特殊な事情等で前職を退職している等がある場合、それらについて質問をされる場合があります。それらの質問に対して、ネガティブな回答をするのではなく、できるだけ前向きな回答ができるようにしておきましょう。 

具体的には、「資格取得のための勉強を行っていた」「キャリアやスキルアップを考える上で、退職を決めた」等のポジティブな理由を答えられると良いでしょう。

② 友人等の前で面接の練習を行っておく

③ 上記①を終えたら、それらをもとに実際の面接の練習を行いましょう。面接の練習に協力してくれる友人等には、「嫌な面接官を演じてくれ」とお願いしておくと良いでしょう。自分では想定していなかったような手厳しい質問が出てくるかもしれません。

 

面接の本番編

上述の通り、面接の良し悪しは、その準備にほとんどがかかっています。しかし、もちろん本番でその成果を発揮できなければ意味がありません。 

面接の本番では、下記を意識して臨むようにしましょう。 

① あらゆる質問に対して、一貫性のある回答を心がける

② 想定していない厳しい質問がされた場合、上記に即して、正直に答える

③ 面接は面接官とのコミュニケーションであることを忘れずに、想定問答をそのまま読むような受け答えは避ける。

 

それでも・・・

面接準備を万全に行えばそれで問題ないかと言われれば、勿論そういうわけにもいかないこともあります。

面接では予想外のことが起こることもあります。

例えば、

「面接官が予想以上に多く、過度に緊張してしまった。」

「想定以上の圧迫面接で心が折れた・・・。」

など、時としてそのような話を伺うこともありますから、面接準備は万全に行って臨む、ただし想定外のことも発生するということを念頭においておかれるといいように思います。

これから転職の面接に臨むという方は、是非参考にしてみて下さい。


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。