転職活動をする中で、面接を成功させるためには面接官や人事担当者にあなたが魅力的な人間であるということをアピールし、伝える必要があります。

 面接官が友人であれば、あなたが魅力的な人間であるということは、日々の生活の中で伝えることができるでしょう。ただし、転職活動にあいては、相手にあなたの魅力を伝える機会は面接の場しかありません。

そのため、この面接の場を活かし、あなたがいかにその企業にとって魅力的な人材であるかを伝えきることが必要なのです。そこで今回は、面接で魅力的な人物と思われる話し方をご紹介したいと思います。

面接で魅力的な人物と思われる話し方とは

面接で魅力的な人材であると思われる話し方には、以下のようなものがあげられます。

①自分に自信がある

第一に、自分に自信がないようにみえる人は、魅力的に映ることはほとんどありません。そのため、例え本当はその企業に採用されるかどうか、自信がない場合でも、自らを鼓舞し、自信満々であるように見せる必要があります。

自分に自信があるように見える話し方とは、「ハキハキと話す」「受け答えに迷いがない」「質問に対してまっすぐに回答できる」「言いよどみが少ない」などがあげられるでしょう。 

これらは、事前の面接の練習で得られることができます。事前に自分の話し方を録音するなどして、練習しておくようにしましょう。 

②自分のスキル・経験をアピールできている 

面接官に魅力的であると思ってもらうためには、自分のスキルや経験をしっかりとアピールする必要があります。

企業の事業に対して、自分のスキルや経験をどのように活かし、どのように貢献できるのかを具体的に伝えましょう。これまでに自分がどのような形で困難を乗り越え、具体的にどのような成果を上げたのか、それらをふまえ、どのような貢献ができるのかを伝える必要があります。 

これは、企業の事業への理解度と自分のスキルや経験の掛け合わせになります。企業についてしっかりと研究を行い、自分の持つスキルや経験をどのように有効活用できるのかを、しっかりと考えておきましょう。

質問の受け答えに一貫性がある 

面接官からは様々な角度から質問がされます。それらの質問に対して、その場しのぎのように回答するのではなく、回答はできるだけ芯のあるものにするようにしましょう。 

具体的には「向上心がある」「その分野のスキル・知識に自信がある」「マネジメントに強みを持っている」等、自分の持つ芯を意識して答えるようにしましょう。 

芯がなく、毎回バラバラな回答をしていると、面接官にあなたが一言で言うとどのような人物なのかが伝わりづらく、魅力的な人物であることが伝わりにくくなってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

面接で、魅力的な人物と思われる話し方をご紹介させていただきました。スキルや経験はあるけれども、どのように話せばいいのかがわからない、というような方は、是非参考にしてみて下さい。

 

 


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。