不動産や保険会社などの契約で年収を申告する機会がありますよね。しかし、自分の年収をきちんと把握できている人は意外と少ないのではないでしょうか。そこで今回は、年収について知っておきたいことについてご紹介したいと思います。

年収とは

年収とは年度内(1月~12月)に会社から支給された総支給額であり、税金や保険、年金などが引かれる前の金額をいいます。ボーナスや残業代、役職や能力によって受け取る手当も全て年収に含まれます。しかし、交通費に関しては、社会保険と税金を計算する際には定義が異なりますので注意しなくてはなりません。税金の計算の場合には交通費が課税対象なのか非課税なのかによって違います。また、課税対象であっても全額が対象になるのか、一部しかならないのかなど個人によっても変わってくるのです。

年収・所得・手取りの違い

自分の年収を把握したい場合には、源泉徴収票を見るのが一番よい方法でしょう。会社から受け取った源泉徴収票の「支払い金額」という欄の金額が年収になります。そして「支払い金額」の隣の欄「給与所得控除後の金額」というのが所得になります。所得とは、年収から「給与所得控除額」を引いた金額をいいます。そのため、年収を聞かれた場合には「支払い金額」、所得を聞かれた場合には「所得控除後の金額」を伝えましょう。

また、手取りは税金や保険料、年金などが引かれた、毎月口座に振り込まれる給料のことをいいます。手取りの金額は源泉徴収票には書かれていませんが、源泉徴収票の「支払い金額」−「源泉徴収税額」−「社会保険料等の金額」で計算することができます。

年収と手取りを混同しない

不動産や保険会社で契約をする場合や転職で年収を聞かれた場合には、会社から支払われている総支給額を答えるのが一般的です。また、転職活動をしている方が企業に希望年収を伝える際にも、総支給額(税込年収)を伝えるようにしましょう。税金や保険料は増減することもあり、手取り金額を提示してくれる会社は滅多にありません。税込年収を把握していない人や手取りと年収を勘違いしている人は、入社後に自分が考えていた給料よりも少ない金額になってしまうことがあるのできちんと理解しておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?年収について知っておきたいことについてご紹介させていただきました。自分の年収を調べるには源泉徴収の支払金額を確認しましょう。そして、年収は所得や手取りとは違うことを理解しておくことが大切です。また、これまでは把握していた人でも、ボーナスやインセンティブ、移動などで手当てが変わった際に、年収を答えられなくなってしまった人もいるのではないでしょうか。年末に源泉徴収票をもらわれたかと思いますので、自分の年収をしっかりと確認してみてください。


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。