転職で大きなポイントになってくるのが年齢です。一般的には35歳が限界と言われていますが、その噂が本当なのか気になる方も多いと思います。そこで今回は、35歳以上の転職についてご紹介したいと思います。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職は35歳まで?

転職には年齢が重要とされていますが、特に35歳までが限界と言われることが多いですよね。そのため、年齢で転職を諦めてしまう人も少なくないのではないでしょうか。しかし、近年の転職市場を見ると35歳が限界というのは事実とは異なることがわかります。むしろ、20代よりも30代以上のほうが活況とも言われているのです。そのため、年齢を気にして転職を諦める必要はありません。求められる経験やキャリアを持っていれば、年齢に左右されすぎることなく転職することは可能なのです。

転職の年齢の変化

近年では、企業が即戦力として活躍することのできる人材を採用したいという考えが大きくなってきています。年齢を重ねた経験豊富な人の転職が増えていることもあり、転職に対する考えが変わってきているのです。

また、周りの人間が自分よりも年下である場合も多く、人間関係が難しいと感じることが多くありました。しかし、そんな年功序列の文化も崩れつつあり、年下の上司というのも多くなってきています。自分が気にならないのであれば、年齢を気にする必要はないといえるでしょう。

求められる能力

35歳を過ぎてからの転職に一番求められるのは即戦力です。マネージャーとしての採用であれば、管理職としてのスキルも必要になってきます。そのため、転職先企業に求められる経験やスキルを持っていれば、採用の確率も上がります。年齢によらず、自分のキャリア次第では、好待遇での転職も可能です。

 

・30代後半

35歳を境に求人情報が徐々に少なくなってきます。転職の限界が35歳までと言われている大きな理由がこれではないでしょうか。しかし、近年では転職の年齢の変化があり、35歳以上の方の需要は増えています。そんな30代後半に求められる能力は、即戦力、そしてマネジメント力やリーダーシップです。面接ではプロジェクトのリーダーやチームリーダーなどの経験をアピールするとよいでしょう。ただし、未経験職種への転職は30代前半までとも言われているため、注意が必要です。また、特許事務所から特許事務所への転職の場合は、実務経験が4~5年以上の方であれば転職成功の可能性はあると思われます。

 

・40代

40代になるとプレイヤーとしての求人は少なくなってきます。40代に求められる能力は専門性やマネジメント能力です。そのため、専門的な能力や豊富な経験がないと転職は難しくなってしまうのが現実です。また、40代の転職では部長レベル、課長レベルの高いマネジメント経験や技術が求められます。組織を引っ張るリーダーとして活躍できることをアピールすることができれば採用の確率は上がるでしょう。40代は経験重視の採用であるといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は35歳以上の転職についてご紹介させていただきました。年齢で転職を諦める必要はありません。採用側が求めているのは即戦力になる人材なのです。年齢によって採用側に求められる能力が違うことを理解し、転職先の企業・特許事務所で自分がどのように活躍することができるのかということに視点をおいて考えてみましょう。


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。