面接の際、ほぼ必ずと言っていいほど質問を受けるのが転職理由。退職理由を正直に伝えても大丈夫なのか、どのように伝えるのがよいのか、不安に思う方は多いと思います。そこで今回は、転職理由の上手な伝え方についてご紹介したいと思います。

転職理由は前向きにまとめる

面接の際に転職の理由を答えるときには、前向きな印象を与えることが何よりも大切です。退職理由と言われると、多くの人は前職での不満が思い浮かぶと思います。しかし、「自分の希望が満たされなかったから退職した」と伝えるよりも「自分の希望を満たせるように応募先企業を志望した」と伝える方がよい印象を与えることができますよね。面接で転職理由を伝える際には、「これからどんな風に仕事をしていきたいか」を中心に伝えることを意識してみましょう。

そのまま伝えても良い理由とダメな理由

前職とは違う職種に就きたい、正社員になりたい、専門知識をつけたい、など転職に前向きな希望がある場合には、そのまま伝えても問題ありません。その希望が応募先企業で叶えられると考える理由や、それによって自分が企業にどのように貢献することができるか、ということを交えて話せるとよりよいでしょう。

 残業が多い、給料が少ない、前職の社風が合わなかった、など前職に不満があり転職を考えた場合や、給料をあげたいと考えて転職をする場合には、伝え方を前向きなものに工夫する必要があります。仕事に対して後ろ向きの印象を与えてしまうと「同じ理由で辞めてしまうのではないか?」という不安を与えてしまうので気をつけましょう。

人間関係でトラブルがあった、仕事が嫌になった、などの場合はその理由を伝えるべきではありません。自分に非がなかった場合でも「トラブルがあった」という事実が悪い印象を与えてしまう可能性があります。また、仕事そのものに対して後ろ向きの姿勢は絶対に見せないようにしましょう。

面接官への伝え方

面接で実際に転職理由を伝えるときには、最終的に前向きな理由に持って行くことが何よりも重要です。

「前職で仕事を続けていくうちに○○をしてみたくなった」

(例:社員になりたい、もっと専門的なことに携わりたいなど)

「しかし前職では○○という理由で希望が叶わなかった」

「御社の○○(社風や経営方針)なら私の希望を叶えることができると考えている」

この流れにそって転職理由を作ってみましょう。面接官によっては鋭く聞いてくる場合もあるので、どんな質問をされても答えられるよう事前に準備しておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は面接の際に伝える転職理由についてご紹介させていただきました。転職の理由が前向きでなかったり印象が悪そうだからといって、嘘をついたり曖昧な理由で誤魔化したりするのはよくありません。面接官は転職理由からあなたの仕事に対する考え方を見ています。転職で叶えたい希望やその企業で自分がどのように活躍できるかを伝え、前向きなものにしましょう。

 


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。