出願系?それとも渉外系?

今回も、前回に引き続き知財業界経験者から、業務内容の紹介、また各視点でのアドバイスを伺ってみました。

企業の知財部の業務には、大きく分けて、発明発掘や権利化業務を担当する出願系の業務と、他社との知財紛争や契約の仕事を行う渉外系の業務があります。企業の知財部が機能別組織で構成されている場合、出願と渉外の部門は分かれており、出願系の部隊では出願系の仕事だけを行い、渉外系の部隊では渉外の仕事だけを行います。一方、事業部別組織で構成されている場合、一人の担当者が出願系と渉外系の両方の業務を担当するケースが多々あります。

一方、特許事務所にも、企業の出願代理や中間処理を担当する出願系業務と、訴訟代理や係争の仲裁等を担当する渉外系業務があります。

しかし、企業知財部にしろ、特許事務所にしろ、通常、初心者は出願系の業務から入り、経験を積んだ方(かつ素養のある方)が渉外系の業務を担当します。

従って、(侵害訴訟で技術者として日本(又は海外の)裁判所に証人出廷した経験があったり、経営企画部門や経理部門でマネージャーをされていた等、特殊な経歴がある方は別ですが・・)業界未経験の方は、殆んどの方が出願系から入ることになると思いますので、出願系の業務内容について述べてみたいと思います。

企業知財の出願系のお仕事とは?

企業の出願系の業務は大きく分けると以下があります。

(1) アイデア選別業務

 研究者、技術者から出てきたアイデアを検討して、実際に特許出願すべきアイデアを選別する業務です。研究者が特許に対する意識が高い場合、アイデアが色々と出て来るものの、すべて出願すると予算がオーバーしてしまいます。そこで、特許になりそうなもの、又は企業戦略上重要なアイデアを選別する作業をしなければなりません。この業務は担当者の力量差や個性によって結果に大きく差が出る仕事でして、企業知財担当者の醍醐味とも言えます。

(2) 特許事務所との橋渡し

 (1)で選別したアイデアの出願を特許事務所に発注したり、特許事務所との打ち合わせのセッティング/同席などの業務です。割合行いやすい業務ですから、企業知財に入った人は最初にこの仕事から入ることが多いです。但し、数が多い場合、意外とこの業務に忙殺されます。

 また、研究一筋でやってきた方が、案外この業務で躓くケースも見受けられます。研究者時代の業務内容とのギャップ、他の人との折衝業務の不慣れ、が原因のようです。

(3) 発明発掘

 (1)とは逆に、技術者から全くアイデアが出てこない場合、ブレーンストーミングや技術者への取材を行い、特許出願候補となるアイデアを発掘しなければなりません。また、技術者からアイデアは多数出ているが専ら企業戦略から乖離したアイデアである場合(例えば、研究開発のキーパーソンと考えられる研究者からアイデアが出ていない場合や、ショーへの出展/製品発売直前なのに殆ど特許が出願されていない場合)もこれを行わなければなりません。これも担当者の力量差が大きく出る業務であり、また、特許事務所では経験できない仕事ですから、企業知財担当者の醍醐味と言えます。

(4) 明細書作成

 特許事務所に出願業務を外注せず、明細書作成は全て社内で内製する企業の場合、(2)に代えて、この業務が入ります。また、発明の重要度や難易度に応じて、内製/外注を切り替える企業もあります。(因みに、企業知財では、重要度があまり高くないアイデアを新人の知財部員にトレーニングとして明細書作成させるケースが多々あります。)

企業知財部の良いところは、(1)(3)の業務が経験できる点です。これは、特許事務所では味わえない業務です。しかし、一定の力量が無いと(1)(3)の業務で成果を上げることはできません。その結果、 (2)の業務に終始してしまい、自らの存在価値を見出しえなくなる恐れもあります。「特許事務所と発明者の仲介をしているだけで、何の役にも立っていないではないか」という目で見られてしまう訳です。

転職面でいうと、企業知財では、未経験者の中途採用はなかなか難しいケースが多いようです。社内で知財部門への異動が叶わない場合、特許事務所への転職という選択をされる方がいますが、この点については極普通の流れのように思われます。

さて、特許事務所の場合は・・・

前回も触れましたが、特許事務所は、クライアント(企業)の出願業務を受注して納品することで売上を得ます。従って、特許事務所では、明細書を書くことがそのまま売上に直結しますので、自らの成果がはっきりと出る、という利点があります。自分の実力で成果を上げたいという方は、特許事務所での仕事を好む傾向にあるようです。その点で給与については個々人によってかなり差があります。20代後半から30代前半で、企業でいえば管理職レベルの報酬を受けている方がいます。そのような方は、自分のペースで仕事を行い高い報酬を得られる。自分の力が見えやすい環境で仕事ができるという点は、特許事務所で働く魅力なのかもしれませんね。しかしそこには、高い能力と技術理解力、英語力などが求められます。

また、特許事務所では、明細書作成技術を習得できます。企業知財でも明細書を内製する企業はありますが、お客様に提供する商品という観点で作成されたものではないため、全般的には品質面では若干劣る傾向にあることもあるようです。従って、将来的に独立を考えていて、確固たる明細書作成能力を身に付けたい、という方は特許事務所を転職先として選択される方が多いように思います。

さいごに

転職をお考えで、企業か、事務所か迷われている場合は、まずは弊社までお気軽にご相談頂ければと思います。

転職は検討中、今すぐに転職をしたいというわけではないのだけど、という場合でもかまいません。情報収集のために来社される方も多くいます。

下記のブルーのボタンをクリックして、簡単なプロフィールをご登録頂ければ、折り返し連絡させて頂きます。

 


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。