知財部から特許事務所への転職

弊社ではこれまで、多くの知的財産業界への転職をサポートしてきました。転職希望者の中には、企業の知的財産部門から特許事務所への転職を希望される方もおられます。

そこで今回は、企業の知的財産部門で働いている転職希望者が、なぜ特許事務所で働いてみたいと考えているのかなどについて、書いてみたいと思います。

もっと専門性を高めたい

企業が活動を行ううえでは、経営が成り立つことが優先されがちです。このため、社員は本来的に、「人・モノ・金・情報」といった組織運営に必要な経営資源を常に意識しながら、仕事に打ち込む必要があります。

近年、企業においては、知的財産に関して戦略的なマネジメントが求められています。これは、良い特許が取れるように特許事務所の弁理士との間に入って調整をするというような仕事になることが多いようです。また、在籍年数を重ねていくと、専門知識を活用する仕事よりも、管理業務に重きを置いた仕事を担当することが多くなります。

このようなことから、企業内では、知的財産についての専門性を高めたいと考えていても、なかなかできないことがあります。

専門性を高めたい、専門性で勝負したいと考えている方が、特許事務所への転職を決意することがあるようです。

将来は独立したい

弁理士の中には、独立を意識する方もいます。また、弁理士試験の勉強をされている方の中にも、そのような夢を持っている方もいるでしょう。

一概には申し上げられませんが、企業では弁理士資格を取得されても、それだけで格段に待遇が良くなるわけではないケースが多いようです。他の社員と同様、人事考課に基づいて評価されます。

このようなことから、自分の裁量で仕事をしたい、自分の腕を試してみたいと考える人が出てきます。それを実現する方法の一つが独立といえます。

独立を希望するのなら、まず、特許事務所について知る必要があります。

特許事務所では、所長や先輩弁理士から教えを受けたり、仕事に取り組んでいる彼らの背中を見たりするなどして、将来独立したときの自分を大まかにイメージすることができるのではないでしょうか。

自分の裁量で仕事をしたい、自分の腕を試してみたいというような独立志向のある方が、その第一段階として、特許事務所への転職を決意することがあるようです。

静かな環境で集中して仕事がしたい

これは、人それぞれだと思います。

特許事務所と同様に、企業の知的財産部門でも、さまざまな書類を読んだり書いたりする仕事が多くなります。このような性質の仕事では、耳から雑音が入ってくると、集中力が途切れがちになります。

企業によっては、電話がたびたびかかってきたり、人の話し声が聞こえてきたりして、思うように仕事がはかどらないことがあります。かといって、耳栓やヘッドホンを使うわけにもいきません。

特許事務所の技術スタッフは、書類を作成するという業務が多いことから、パソコンに向かって黙々と仕事をしています。特許事務所は、基本的に静かです。

専門性を高めるとともに、環境を変えて、ある程度決まった範囲の仕事に打ち込みたい方が、特許事務所への転職を決意することがあるようです。

知財部での経験を特許事務所でも活かせる

特許事務所に転職したからといって、企業知財部時代の経験が全く役に立たないということはありません。

企業に在籍していたときの経験に基づいて、研究開発部門で発明が創出されてから知財部がそれを扱うまでの経緯、企業の知財担当者・発明者らの立場や気持ち、そして、特許事務所からのアウトプットをチェックするときのポイントなどが理解できます。

これらのことを理解しているからこそ、自己流に走ることを抑え、クライアント(企業)に配慮して行動することができるのです。

どのようなキャリアプランを実現させるか

企業の知財部から特許事務所への転職を検討されている方は、転職することによって、どのようなキャリアプランを実現させたいのか、考えておきましょう。

そして、キャリアプランが決まったなら、実現へ向けて行動に移す必要があります。

希望とともに不安もあるかと思います。

弊社では、転職を希望される方が将来どのように活躍されたいかを優先し、そして長所を最大限に生かせる転職を支援しています。

この機会に、弊社のキャリアカウンセリングを受けてみられてはいかがでしょうか。

 

 


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。