円満退職のススメ 

みなさま、「退職交渉」とは、どのように進めればいいのかをご存知でしょうか。転職活動を終え、さぁいざ今の会社を退職するぞ!となったタイミングで、できるだけ早く現職や上司には退職の意志を伝える必要があります。

円満退職をするためには、その際いくつか注意して欲しいポイントがあります。というのも、大切なメンバーの退職は現在のあなたの就業先にとって喜ばしいこととは言えません。そのため、現職や上司、まわりのメンバーになるべく迷惑をかけないためにはいくつかの配慮が必要とされるのです。

退職交渉を始める時期

まず、最も重要な要素は退職交渉を始める時期はいつか、という点です。円満退職をするためには、転職先が決まったらできるだけ早く現職に退職意思を伝えることが重要です。一般的には退職を希望する日から1.5〜2ヶ月前に伝えることがよいとされています。ただし、あなたがプロジェクトのリーダーなどの重要な役職についていた場合、そのプロジェクトの進捗状況を考慮し、3ヶ月程度は余裕を持って伝えるようにしましょう。

退職理由で納得してもらう

退職の意思を上司に伝えることができたら、退職交渉がスタートします。そこで、すんなりと退職を認めてもらえれば問題ありませんが、会社にとってあなたが貴重な戦力であった場合、引き止めるために様々な手段を講じてくる可能性もあります。よくあるのが、「もう少し考えてみてくれ」と言った言葉や、普段はコミュニケーションをとることがないような役員との飲み会です。

こうした際には、ぶれることなく、退職・転職に至った理由を淡々と述べるようにしましょう。「それなら、うちでもできるじゃないか」と言われることがないような、「現職では実現不可能な夢があり、それを叶えるために転職をします」といった前向きな退職理由を伝えるようにしましょう。

引き継ぎは十分すぎるくらい丁寧に

そして、退職を認められたら、すぐに引き継ぎの準備に入りましょう。円満退職に失敗する理由として非常に多いのが、この引き継ぎが十分でなく、業務をなかば投げっぱなしの状態のまま退職してしまうというものです。

そのため、引き継ぎは十分すぎるくらい丁寧に行い、後任者としっかりとコミュニケーションをとりましょう。行っていた業務内容に関しては、できるだけドキュメントにまとめ、残されたメンバーの負担が最小限になるように工夫しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。円満退職をするための上手な退職交渉の進め方をご紹介させていただきました。退職交渉の方法についてお悩みの方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

 

 


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。