面接は自分をアピールするための重要な選考ステップ

転職活動では、書類選考を通過すると、面接による選考ステップに移ります。

面接では、30分から1時間程度という限られた時間で、いかに自分をアピールできるかが重要となります。

面接は、事前に何ら準備をしないで、すべての質問に対して場当たり的に対処できるというものでもありません。

そこで、今回は、面接の際によく聞かれる質問と、その対策についてご説明したいと思います。

面接の際によく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問は、次のとおりです。

・転職理由
これを聞かない所はないと言ってもいいでしょう。

・志望動機
「数ある企業(特許事務所)の中でなぜ当社(当事務所)なのですか」といった内容のものです。また、他に応募している企業(事務所)の有無について聞かれることもあります。正直に答えても構いませんが、その企業(事務所)の優先順位が高い旨を伝えることが大事です。

・職歴・経験について
「これまでの職歴・経歴を簡単に教えてください」というような聞かれ方をされます。また、大まかな回答時間(例えば、5分程度)を指定され、「自己紹介をお願いします」というような形のこともあります。

・何か質問はありますか?
面接の最後に聞かれることが多いです。ここで入社後の業務について質問ができると、積極的に業務に取り組もうとしている意欲をアピールできます。また、後になって「聞いておけばよかった。」と後悔することがないよう、事前に準備しておかれることをお勧めします。

面接に向けてぜひ準備しておきたいこと

では、転職希望者は、想定される質問に対して、どのような準備をすればよいのでしょうか?

まず、面接時に想定される質問に対する答えをあらかじめ考えておくことが大切です。これによって、本番では、面接官とスムーズにやり取りができるでしょう。

上記のほかにも、こちらもよくある質問の中の一部です。

・今後のキャリアプランを教えてください。

・当社が貴方を採用するメリットは何ですか?

・あなたの長所、短所を教えてください。

・同僚や友人から、あなたはどの様な評価を受けていますか?

・希望の年収、現在の年収は?

面接では、あなた1人に対し面接官は4~5名のことがあります。あなたがその企業(事務所)に入りたいという気持ちが強ければ強いほど緊張されるかもしれません。その様な場合でも、事前にある程度の質問を想定しておくことで、落ち着いて面接に臨むことができるでしょう。

面接は、転職活動において重要な選考ステップであり、入念な準備が突破のカギとなります。
転職を成功に導くために、今から万全な準備をしておきましょう。


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。