転職を「天職」に

特許事務所への転職を考えておられる方は、転職を成功に導くためにどのようなことをすればよいのか気になるところだと思います。特に、初めて特許事務所への転職をお考えの方は、希望とともに、不安もあるかと思います。

そこで、この記事では、弁理士・特許技術者として特許事務所に転職する際に準備しておきたいことを中心にご説明したいと思います。

特許事務所への転職に有利なスキルは?

海外の企業や代理人とのやり取り、外国の特許庁に手続をする業務が多い事務所への転職を希望されている方は、外国語の能力を客観的に判断できるスキルを取得しておくとよいと思います。例えば、TOEICの高スコアは、それなりに評価されます。特許事務所では主に英語の読み書き能力が求められることが多いです。

また、弁理士試験を受験しておくのもよいでしょう。最終合格にまで至っていなくても、短答式試験に合格しておくだけでも、転職を有利に進められる可能性があります。短答式試験に合格するだけの実力がある人は、知的財産に関する知識が相当あると判断されるからです。

転職の際にぜひ準備しておきたいこと

転職を希望する特許事務所が代理した出願の公報をチェックしておきましょう。どの企業の出願を扱っておられるのか、どのような技術分野の発明なのかをざっと確認しておきましょう。これによって、技術分野のミスマッチが防げます。

また、採用面接の際にする質問をいくつか準備しておくとよいでしょう。面接では大概、質問の機会が設けられます。このとき質問がないと、事務所に入りたいという積極性がない、コミュニケーション能力がないと思われることもあります。弁理士・特許技術者の仕事には、依頼者と話をし、依頼者から様々な情報を引き出す能力が求められます。このため、質問ができない人は不向きだと思われてしまうこともあります。質問はあらかじめ準備しておくとよいでしょう。そして、このようなコミュニケーション能力の必要性を意識し、スキルの向上に努めておきましょう。

特許事務所に勤務している知り合いがいれば、事務所、業界などの情報を聞いてみるのもよいと思います。インターネット上には様々な情報が飛び交っていますが、実際に事務所に勤務している人から得られる生の情報は、一次情報として貴重です。また、弊社のカウンセリングの際に担当者に質問されてみられるのもよいでしょう。特許事務所で勤務するイメージがわいてくると思います。

以上のように、入念な準備が転職成功のカギとなります。
後悔することのないように、万全に準備されて転職活動をされることをお勧めします。


Unpublished Icon

実はPatent Careerには非公開案件も多数存在しています。
WEBサイトには載せられない案件はお会いした上で開示しております。
まずはお問い合わせください。